武蔵野プリティープリンセス

  • 武蔵野プリティープリンセス インスタグラム
  • 武蔵野プリティープリンセス facebook
  • 武蔵野プリティープリンセス Twitter

「武蔵野プリティープリンセス」は“日本初”で現在唯一の、
知的障害のある女性だけのソフトボールチームです。

北京オリンピックでのソフトボール女子日本代表の金メダル獲得を見ても分かるように、ソフトボールは協調性に優れる日本人女性が、世界で輝けるスポーツのひとつです。
障害のある男性ソフトボールチームは数多く存在しています。一方で、障害のある女性がチームスポーツを楽しめる環境はまだまだ少なく、大人になるにつれて、さらに難しくなっているというのが現状です。男性の中に混ざって女性もプレーすることがありますが、やはり性別の違いによる力の差が出てしまいます。

本人の意思とは無関係に諦めざるを得ないという状況を変えたい!
趣味として楽しめる場も、大きな夢を追いかける場も両方作りたい!
彼女たちにも仲間と支え合い、相手と競い合い、勝つことで喜びを、負けたことで悔しさを、仲間と分かち合い共感してほしい!
チームスポーツであるソフトボールの楽しさを感じてほしい!
そんな思いからこの活動をスタートさせました。

活動は、毎週土曜日の午前中を中心に埼玉県さいたま市にあるグラウンドで行っています。
一日3時間の練習を基本に他チームとの合同練習を実施したり、ママさんチームや中学生との練習試合を行ったりしています。

選手は、中学校の特別支援学級や特別支援学校の中学部・高等部の児童・生徒、特例子会社の社員の方などさまざまです。全員が軽度から中度の知的障害者で、徐々にコーチの指導を聞いたり、ルールが理解できるようになってきました。

その選手たちを多くのボランティアコーチ陣がサポートしています。コーチも職業はさまざまで、特別支援学校の先生や福祉施設の職員といった専門家の方から、大学生や一般企業の社員といった福祉分野ではない方までいます。年齢も、下は19歳から上は59歳と幅広いです。みなさん、選手と一緒にソフトボールを楽しみたいと集まってくれました。

武蔵野プリティープリンセスでは、ソフトボールに興味のある知的障害のある女性を選手として、その選手たちと一緒にソフトボールを楽しみたい方をコーチとして大募集中です。
少しでもご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせは、お気軽に下記までご連絡ください

一般社団法人日本障害者女子
ソフトボール協会
代表:工藤陽介
〒355-0047
埼玉県東松山市高坂1056-1
いんくる堂内

メールでお問い合わせ

topに戻る